HOME | 診療について | 肩こりでお悩みの方へ

肩こりに一番関係するのは「僧帽筋」という筋肉です。重たい頭を支えるため常に筋肉が緊張していて、疲れると硬くなります。
硬くなると筋肉の中を通っている血管を圧迫して血液の循環が悪くなり、筋肉に十分な栄養が行きわたらず老廃物がたまります。
そうするとますます筋肉が硬くなり、肩こりを起こします。また、筋肉が硬くなると末梢神経を障害して、しびれや痛みも起こります。


首の両側に星状神経節という交感神経の中継地点があります。ここに針で局所麻酔薬を注射する星状神経節ブロックという治療法があります。
ここをブロックすることで副交感神経が優位になり、血管が拡張して血行が良くなります。


アルファビームは近赤外線を照射する医療機器です。星状神経節近傍に近赤外線を照射すると、注射で行う星状神経節ブロックと同じような効果が得られます。
針を使わないため、痛みや恐怖感がありません。
また、日頃のストレスで緊張しがちな交感神経を緩めることで、リラックス効果も得られます。